誰でも健康でいたいもの。このサイトでは誰でも分かるように少しずつ健康の知識を紹介していきます。

論文の書き方アドバイス2



さて一回目の論文アドバイスはどうだったでしょうか?

では今回は骨組みについてなぜ必要なのか考えてみましょう。

前にも言ったとおり論文って骨組みがとっても大切なんです。
だから骨組みが弱いと軟弱な論文になっちゃいます。
そして、話がどんどん違う方向になってしまい発散してしまうんですよ。
だから骨組みはしっかり考えましょう。

骨組みを作るのは本当に大変です。
これが一番時間掛かる人もいると思いますよ。
それぐらい大事なんです。

なんでそんなに骨組みばっかに時間かけるの?
その間にさっさとさきにいけばい~じゃん!!
と言われる方もいると思うんですが、やはり骨組みなんです。

上でも述べたように骨組みを作らなかったり、骨組みが弱いと話が発散して収集がつかなくなりいままで記述してきたのが全てパァになっちゃいます。
そうすると何度も後戻りが発生してしまい、結局は骨組みを構成したときよりも時間がかかってしまうということなんです。

しかし、こう思う人もいますよ。
そんな発散なんてしないよ~。だから先やる!!
確かにそうです。うまくいく人はそれでいきますが、ここではリスクを最優先します。haruは既に社会人です。
だから時間が限られています。もしこの論文で後戻りを多発してしまったら業務にも影響が生まれてしまうんです。
今でもやり直し喰らっていますが・・・
でも、それは言葉の表現なところで、流れ自体には影響はありません。
それは、しっかりとした骨組みがあるから流れには問題ないんです。
そうすると肉付けの部分なんです。そこは今、色々上司から指摘され勉強しています。

さあもう骨組みがいらないなんて言わないでくださいね。
論文を書かれる方がんばってください!!

お役立ちサイト:健康系人気ブログランキング